治療費用の概要

  • 一般不妊治療にかかる診察・検査・薬剤費は人工授精以外はほとんどが保険適用になります。
  • 高度生殖医療(体外受精など)に関係する診察・検査・薬剤費は自費となります。
  • 不妊治療には助成金制度があります。「助成金」の項目を参照下さい。
  • 領収書・明細書は再発行致しません。再発行を依頼される場合は発行手数料がかかります。 
  • 自費料金には消費税がかかります(下記の料金表は税込み価格表示です)。
  • お支払いにはクレジットカードがご利用いただけます。

 

 

 

自費費用(税込み価格)

 一般不妊治療

人工授精  18,700円

特定不妊治療(ART=高度生殖医療)

体外受精  26万4千円
 ● 採卵し体外受精し2日目までの初期胚を新鮮移植した場合、または全胚凍結保存した場合の料金です。
 ● 新鮮移植して残りの胚を凍結保存した場合(移植と凍結の両方行った場合)は凍結保存代(6万6千円)が加算されます(個数が増えることによる追加料金はありません)。
 ● 胚盤胞移植をした場合、または胚盤胞で全凍結した場合は、2日目から5日目までの追加培養代(1日あたり1万1千円)が加算されます(つまり胚盤胞移植は初期胚移植よりも3万3千円高くなります)。
顕微授精  ● 顕微授精した場合は、上記体外受精料金に4万4千円が加算されます。
融解移植  66,000円
● あらかじめ凍結されていた胚、または胚盤胞を融解して移植した場合の料金です。
● 融解代は当院では無料です。
● 融解したけれど凍結障害などで移植できなかった場合には費用はかかりません。
● 融解したが移植せずに再凍結した場合の凍結代は6万6千円ではなく1万1千円です(5万5千円の減額)。
アシスティッド・ハッチング  27,500円
 ● 受精卵を包んでいる透明帯という膜が厚くて硬い場合にレーザーで削って着床しやすくする処理です。
 ● 当院では処置をする卵子の個数による加算はありません(1個でも2個でも費用は同じです)。
エンブリオ・グリュー  27,500円
 ● 粘着力の強い特殊な培養液です。子宮内膜に固定されやすいため通常の培養液で妊娠できなかった場合に使用します。
GM-CSF  55,000円
 ● 流産を防ぐ効果のある特殊な培養液です。流産を繰り返しているケースで移植時に使用することができます。
2段階移植  33,000円
 ● 胚移植を行った後に追加培養(1日あたり1万1千円)してさらに胚盤胞移植をした場合、胚盤胞移植は2段階目の移植となりますが、その場合の2段階移植代は3万3千円に減額となります(追加培養代3万3千円+2段階移植代3万3千円を合わせて6万6千円となります)。
SEET法  33,000円
 ● 2段階移植の一種ですが、胚盤胞移植をする3日ほど前に、胚ではなく胚を培養した培養液のみを子宮内に入れる方法です。凍結移植でSEETをする場合は、採卵し凍結する周期に、SEET用の培養液をあらかじめ凍結する準備をしておくことが必要となります。2段階移植が胚と胚盤胞のトータルで2個移植となるのに対してSEET法では胚盤胞移植の1個だけとなります(2段階移植での双子のリスクを避ける方法です)。
卵・胚・胚盤胞凍結保存  66,000円
 ● 卵子、胚、胚盤胞の個数による増額はありません(1回当たりの料金なので何個でも同じ金額です)。
 ● 体外受精・顕微授精での全胚凍結保存時には、体外受精費用にこの費用が含まれています。
 ● はじめの1年目までの費用です。その後延長される場合は下記延長代がかかります。
精子凍結保存  33,000円
 ● 2本以上のストローに分注して凍結することが多いですが、当院では本数による増額はありません。
 ● はじめの1年目までの費用です。その後延長される場合は下記延長代がかかります。
 ● 精巣精子、精巣上体精子の場合は凍結前に精子処理代(1万1千円)がかかります。
 ● 凍結精子を融解して使用する場合の融解代は当院では無料です。
凍結延長代  11,000円
 ● 胚、胚盤胞、精子、卵子のはじめの1年間の保存期間を超える場合は、延長の意思表示とともに、更新料として1年ごとに1万1千円がかかります。当院では卵の個数や精子の保管ストローの本数による増額はありません。
採卵操作のみでキャンセル  33,000円
 ● 採卵操作を行ったが、卵子がなかった(空砲)、卵子が未熟や異常(変性卵)だったなどのためそれ以上治療を進めることができなかった場合にかかる費用です。
受精操作までおこなったキャンセル  12万1千円
 ● 採卵し体外受精や顕微授精をしたが、受精しなかったり、卵割が停止したり、異常受精のみなどのためそれ以上治療を進めることができなかった場合にかかる費用です。
麻酔費用  ● 当院では採卵前にキシロカイン・スプレーで局所麻酔を行います。その費用は無料です。

自費検査 

抗精子抗体  7,700円
 ● 精液検査が正常でも性交後検査が良くない場合に調べる血液検査です。
 ● 抗精子抗体が陽性の場合は体外受精を考える必要があります。
抗ミュラー管ホルモン  11,000円
 ● AMHは卵巣の中に蓄えられている卵子の個数が多いか少ないかを調べる血液検査です。
ERA  16万5千円
 ● 子宮内膜着床能検査です。
 ● 子宮内膜の着床しやすい時期(着床の窓)にずれがないかどうかを調べる検査です。
 ● 異常がある場合はそれを補正することで着床しやすくなります。
 ● 稀に1回で分からない場合に再検査する場合は11万円になります。
EMMA+ALICE  5万5千円(ERAと同時に検査した場合)
 6万6千円(EMMA+ALICEだけ検査した場合)
 ● EMMAは子宮内膜マイクロバイオーム検査、ALICEは感染性慢性子宮内膜炎の検査です。
 ● EMMAとALICEはセットで行います(同じ検査を異なる側面から見たものです)。
 ● 異常がある場合は適切な薬で治療することで着床しやすくなります。

 

ARTをした場合にかかる金額の例

ケース1
1)検査、内服薬で卵巣刺激し=約3万円
2)採卵して、体外受精して、2日目の胚を移植。凍結胚なかった=26万4千円
合計約30万円。
後日、助成金で返還されたため自己負担0円だった。
 
ケース2
1)検査、薬、注射などで卵巣刺激して=約5万円
2)採卵して、顕微授精して5日目まで育った胚盤胞を全て凍結保存し=34万1千円
3)次の生理周期に薬で子宮内膜を整えて=約3万円
4)凍結胚盤胞を融解移植した=6万6千円
合計約49万円。
後日、助成金で30万円返還されたので自己負担19万円だった。

不妊治療費の助成制度

  • 当院は日本産科婦人科学会のART登録録施設であり、特定不妊治療費助成事業の指定医療機関です。
  • 体外受精、顕微授精など高度な技術が必要とされる「特定不妊治療」と人工授精までの「一般不妊治療」について助成をうけることができる場合があります。住所のある都道府県市町村のホームページで確認するか、都道府県庁または市町村役場に直接お尋ねください。
  • 愛知県へのリンクをご参照ください→「特定不妊治療費助成制度」
  • 厚生労働省へのリンクをご参照ください→「不妊に悩む方への特定治療支援事業」

 
 

不育症治療費の助成制度

  • みよし市は不育症治療の助成があります。詳しくはこちらのサイトへ。
  • 東郷町、瀬戸市、東海市、北名古屋市、小牧市、愛西市にも不育症治療の助成がありますので、詳しくはそれぞれの自治体のサイトをごらんください。